薄毛を治す

http://evolve-os.com/

薄毛治療の種類や研究による最新の治療法について

薄毛は多くの日本人が抱える悩みのひとつで、性別や年齢に関わらず誰にでも起こりうる可能性があります。薄毛の原因や種類も色々とあるため、それらの状況に応じて適切な治療を行わなければ効果がありません。そこで今回は薄毛治療の種類や特徴について紹介します。

また、日々の研究の成果による最新の治療法についても取り上げます。

薄毛治療には保険が適応されるのか

薄毛の原因とは

薄毛にはいくつかの原因があります。血液の循環不良により髪の毛に栄養が行き渡らなくなるケースや、毛穴に皮脂が詰まってしまい髪の毛の成長を阻害したり炎症を引き起こすケース、頭皮の突っ張りによって血流を阻害してしまうケースなどが考えられます。

他にも、男性ホルモンの影響によって髪の毛の基となる細胞の分裂を抑えてしまうことがあるため、男性に多いと言われています。また、これらの原因の背景には過剰なストレスや生活習慣の乱れ、遺伝的な要因など多くの理由が考えられます。

脱毛症とは

髪の毛が抜け落ちてしまう脱毛症には性別や原因などによっていくつかのパターンに分類されます。男性によく見られる脱毛症は、男性ホルモンの影響により髪の毛の成長が阻害されてしまい、薄毛が進行していきます。最初は髪の毛の本数は変わりませんが、毛根自体が細くなり、細く短い髪の毛に置き換わってしまいます。

脱毛は額の生え際から始まり、徐々に後退していきます。また、いきなり頭頂部から進行するパターンも存在します。このタイプの脱毛は早い人で20代から見られます。男性ホルモンが大きな要因となっていますが、他にも食事や生活習慣なども脱毛症の環境因子と考えられています。

女性に多いタイプはびまん性脱毛症と言われています。びまん性脱毛症は男性の脱毛症と違い、均等に髪の毛全体が薄くなっていきます。中年期以降の女性に多く見られ、加齢以外にストレスやホルモンバランスが乱れてしまうことで引き起こされると考えれられています。

ほかにもコイン型の抜け毛が見られる円形脱毛症や皮脂の過剰な分泌によって引き起こされる脂漏性脱毛症など、色々な脱毛症があります。

薄毛の治療法とは

薄毛の主な治療法は一般的に投薬療法や注射、植毛療法があります。薄毛の進行具合や原因によってはひとつだけでなく、これらの方法を組み合わせます。なお、これらの治療は専門のクリニックで治療を受けることができます。

一般的な皮膚科でも診察は可能ですが、より専門的な治療を望む場合は薄毛治療専門のクリニックを受診しましょう。

投薬治療とは

投薬治療は最も基本的な治療法で、薄毛の進行状況に関わらず必ず行います。服薬する薬は主に脱毛を予防するタイプと髪の毛の発毛を促すタイプの2種類です。薄毛の原因は、前述のとおり体内のホルモンバランスが影響している可能性が高いため、それらにアプローチする効果を持っています。

症状にもよりますが、軽度の場合には投薬治療のみで改善するひとも多く、また体質自体を改善させるため効果も持続します。ただし、投薬治療はすぐに効果の出るものではなく、少なくても半年以上は継続しなければいけません。

また副作用に関してはごくまれに起こる可能性があります。からだのかゆみや蕁麻疹、発熱や吐き気と言った症状が見られる場合にはすぐに医師に相談しましょう。副作用に関しては薄毛の治療薬だけでなくどのような薬にも必ずみられるもので、副作用が起こる割合も1割から2割程度とされているため、特別に心配する必要はないでしょう。

発毛効果を高める注射療法

注射療法は、発毛や育毛に効果の高い成分を頭皮に直接注射する治療法です。投薬で中々効果が現れない人や、早く効果を出したい人、薄毛の進行が進んでいる人などが対象となります。注射に使用される薬剤は主に2種類あり、病院や製薬会社のオリジナルの薬剤を使用するタイプと髪の毛の成長に必要な栄養や成長因子を配合したHARGカクテルを使用するHARG療法に分類されます。

どちらの療法も1クールに6回から10回の注射を行い、半年から1年程度の治療期間を要します。費用は一般的にHARG療法の方が高いですが、多くの成長因子が含まれているため高い効果が期待できます。注射の方法にもいくつかの種類があります。

一般的な注射器を使用するパピューレ法や針が付いたローラーを使用するダーマローラー法、特殊なレーザーを使用するフラクショナルレーザー法などに分類され、それぞれに痛みの感じ方も変わります。また、使用する薬剤によっては副作用が現れる可能性もあるため、使用する前に石の説明をしっかりと聞いておきましょう。

根本から改善する植毛療法

投薬や注射療法の場合、毛根が死滅している状態では効果が望めません。産毛すらなく、これらの治療法が行えない場合には植毛療法が対象となります。植毛療法は自身の毛根や皮膚を薄毛部分に移植します。服薬療法や注射療法の場合は治療期間は最低でも半年程度かかりますが、植毛の場合は一回の治療で終わるため通院の手間が省けます。

薄毛に対して根幹から治療することが可能ですが費用も高く、1回の治療で約100万円程度の治療費がかかります。

薄毛治療の研究は日々進んでいる

主に薄毛治療に用いられるのは上記の治療法ですが、日々の研究により新しい治療方法が確立されてきました。ヘアフィラーは注射療法のひとつで、従来使用されている髪の毛の成長因子ではなく、ペプチド化合物を使用します。

ペプチド化合物は、成長因子と比べより安定した発毛効果が期待できます。治療期間は約3ヵ月から半年程度で費用は他の注射療法と変らないか、クリニックによっては安く治療を受けられます。他にも薬剤でなく自身の血液から採取した成長因子を注射するPRP毛髪療法という治療法があります。

自身の血液を使用するため、薬剤を使用するよりも副採用のリスクが低く、安全に治療を受けることができます。料金や治療期間に関しても、他の注射療法と変りありません。

自分の薄毛の状態や費用を比較して治療法を選ぶ

薄毛の原因や治療法に関して紹介してきましたが、それぞれの治療法ごとに費用や効果に特徴があります。特に薄毛の進行状況によっては選択できない治療法もあるため、まずは一度専門クリニックで相談をすると良いでしょう。

また、薄毛治療は、研究の成果によって新たな治療法法も確立されてきています。過去に治療し、効果が出なかった人も、最新の治療法で効果が現れる可能性があります。

© 2019 薄毛を治す Bluesand Theme